腰痛を知るブログ
このブログは腰痛を知るためのブログです。腰痛持ちの私が最初は自分のために、少しでも楽になりたいために必要に応じて調べていった結果です。腰痛に関する基本的な知識から克服するための情報まで、いろいろ提供していければと思っています。
スポンサーサイト
スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
腰痛 ぎっくり腰
スポンサードリンク 数ある腰痛の症状の中でも、ぎっくり腰ほどポピュラーなものはないでしょう。そのぎっくり腰ですが経験したことがありますか。腰は、身体の中でも特に負担がかかっている部分です。おそらく経験のある方は多いのではないでしょうか。あの痛みは経験者でないとわからないかもしれませんね。症状が重いと、数日間寝たきりになってしまうこともあります。
また経験のない方も、なったことがないから大丈夫だろうと油断していてはいけません。普段から腰を酷使している人とか、もともと腰が弱い人がなると思い込んでいたり、重いものを持ちあげるなど、腰に無理な負担をかけた時にぎっくり腰になるという認識の方も多いでしょうが、実は日常生活の中でぎっくり腰になる可能性はたくさんあるんです。
例えば、
・顔を洗う時
・伸びをした時
・物を持ちあげる時
などです。
このようなことは、誰もが毎日、何度かしているような姿勢ですよね。経験のない方は、まさかこんなことで、と感じるかもしれません。多くの方にとって意識していないのは当然でしょうが、実はこのような姿勢が、まさに腰に負担をかけているのです。ちょっと腰をひねって後ろを向くだけでなってしまうこともあるんです。
また、ぎっくり腰になりやすい時間帯というのがあって、それは、起きたばかりの時間帯です。他の時間帯に比べて、筋肉が硬くなっていることが原因だと言われています。血の循環も悪い時ですしね。朝気をつけた方がいいことをつぎに挙げてみます。
・起きたばかりで思い切り伸びをしないこと
・布団から起き上がる時に、横向きになって身体を起こすこと
などです。
また、腹筋を意識しながら体を動かすことで、腰への負担を軽くすることができるはずです。
ただ、ぎっくり腰になってしまったあとは、楽な姿勢を保ち安静にしていることが一番です。冷やすのがよいという説が有力ですが、温める方がいいという意見もあります。症状や痛みに合わせた処置を早く見つけることが肝心でしょう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。