腰痛を知るブログ
このブログは腰痛を知るためのブログです。腰痛持ちの私が最初は自分のために、少しでも楽になりたいために必要に応じて調べていった結果です。腰痛に関する基本的な知識から克服するための情報まで、いろいろ提供していければと思っています。
スポンサーサイト
スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
腰痛にとって温泉とは
スポンサードリンク 時間とお金に余裕がある人なら、腰痛を温泉で治すという事も考えてはどうでしょうか。温泉によって、最も効果が得られるのは肉離れなど筋肉性の腰痛に対してでしょう。ただ、骨に関する腰痛の場合も症状が緩和することがわかっています。
温泉やあるいは普通の入浴にしても、患部を温めることによって「温熱効果」が得られ血液の流れが良くなり、水中での筋肉の弛緩が期待できます。また、痛みが和らぎ精神的にもリラックスします。

腰痛に効果があるといわれている温泉は全国にあり、例えば北海道では阿寒湖温泉、登別のカルルス温泉、函館の湯の川温泉などが有名です。雄大な自然のなかでおいしい食事も堪能し、ゆったりとした時間の中で腰痛を温泉で治すのは精神面からみても理想的かもしれません。湯治には、短くても10日から二週間程度かかります。湯治の最初の頃と最後の頃には一日にニ、三回程度の入浴にとどめ、湯治の中頃では一日に三、四回程度の入浴を心がけましょう。もちろん、空腹時や満腹時の入浴は避けるのが基本です。また、せっかくの温泉だからといって、一日にあまり何度も入浴すると、腰痛が改善するどころか体調を崩してしまうことになりかねません。何事も適量、適度であることが肝心です。
温泉には入った後はもちろん、入る前にも水分を充分に摂り、脱水症状を起こさないように気をつけましょう。一回の入浴の時間としては、20分くらいが適当です。長く浸かればいいというものでもありません。我慢せずのぼせないうちに上がりましょう。湯温が高いと感じた場合は、肩まで浸かるのは短い時間にして、足湯のように浸かる方法をとりましょう。時々かけ湯をするなどして、足湯でも上半身が冷えずに済むようにします。
お風呂上りはくれぐれも体を冷やさないように注意し、できれば布団に横たわって、安静にしていましょう。21時頃に入浴してから就寝するのが効果的です。
わざわざ温泉までは・・・という人でも毎日お風呂に入ることで十分「温熱効果」は得られます。温泉で湯治するときと同様、上記の注意事項を守って入浴してください
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://yotusiru.blog91.fc2.com/tb.php/11-197c2ce9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。