腰痛を知るブログ
このブログは腰痛を知るためのブログです。腰痛持ちの私が最初は自分のために、少しでも楽になりたいために必要に応じて調べていった結果です。腰痛に関する基本的な知識から克服するための情報まで、いろいろ提供していければと思っています。
スポンサーサイト
スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
妊娠初期の腰痛
スポンサードリンク 妊娠というのは、とても一般的な体験であるとともに、きわめて独特な経験と言えるのではないでしょうか。体型の変化はもとより、体質、心境、思いなどがかなりの重さで変わります。ここでは、もちろん腰痛といった限られた観点からしかお話しませんが、その体験がじつはもっともっと大きな大きな時間の流れであることは疑うべくもありません。

さて、もともと腰痛持ちではなかった人も妊娠初期に腰痛になることがあります。実はこれ、「リラキシン」というホルモンの影響だと言われています。「リラキシン」は関節をゆるめる働きをするホルモンです。出産のときに、赤ちゃんが出来るだけ負担が少なく産道を通ってこられるように関節をゆるめることはとても大切なことなのです。ところがそのゆるくなった関節を支えようとしているじん帯や筋肉には、とてつもない負担がかかっています。もちろん、関節そのものや骨盤にも負担はかかります。特に、運動の習慣がなかった方は筋肉がもともと発達していないでしょうから、腰痛になりやすい傾向は持っていると言えるでしょう。つまり、筋肉がある程度発達している人は産後の回復も早いと言われていることからも、妊娠前から運動を定期的に行うことはかなりおすすめです。
また、痛みを和らげるのに効果があるとされていることの一つに、「下着」があります。妊婦さん用の下着には、やわらかな板のようなものが入っているものがあります。それは、コルセットと同じような働きをしてくれるので少し痛みが楽になるそうです。そして、それと同じようなものに骨盤用のベルトもあります。できればネットなどでいろいろ調べてみるほうがいいと思います。
整体に通うという人もいますが、妊婦さんが整体に通うことは注意が必要です。整体師の全員が妊婦さんに整体を行えるわけではありません。ただ腰の痛みなどと言わず、必ず妊娠中であることを話してください。
妊娠初期の全員が腰痛になるわけではありませんが、最初は大丈夫だったのに途中から痛みが出てくる場合もありますので、よい姿勢と適度な運動は常に心掛けたほうが良いでしょう。最近は、妊婦さん用のヨガなども人気のようですよ。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://yotusiru.blog91.fc2.com/tb.php/16-db6dadca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。