腰痛を知るブログ
このブログは腰痛を知るためのブログです。腰痛持ちの私が最初は自分のために、少しでも楽になりたいために必要に応じて調べていった結果です。腰痛に関する基本的な知識から克服するための情報まで、いろいろ提供していければと思っています。
スポンサーサイト
スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
腰痛ストレッチで腰痛対策
スポンサードリンク これから腰痛ストレッチのお話なんですが、腰痛ストレッチがどういうときに役立つのか?日々の暮らしの中で、どうしても逃れられないシチュエーションというものがありますよね。法事などのときの正座とか、サラリーマンなら椅子に座ったままの会議とか、長旅の乗り物の中とか。それらは、ほとんど同じ姿勢で自分の意思に関係なく続けなければいけないものです。これが腰痛持ちにはとてもつらい。同じ姿勢を続けるよりも、少々力仕事でも動いているときのほうが楽に感じることさえあります。
そんなときのためにも、椅子に座ったままでも簡単にできる腰痛ストレッチがとても役立つと思うのでここでご紹介したいと思います。先ほども触れたとおり、椅子に長時間座ったままだと、腰痛が起こりやすくなってしまいます。ぜひ腰痛ストレッチをして腰痛を予防してください。
やり方ですが、まず両足を肩幅くらいに開いて、上体を左にひねってください。そのとき両手で椅子の背もたれをつかむようにしてもいいですし、右手で左の太ももの外側をつかむようにしてもやりやすいでしょう。なるべくゆっくりとした動作でひねりながら、腰が伸びているのを感じましょう。ひねったままの姿勢で30秒保持したら元に戻し、今度は右にひねって、同様にしてください。次のストレッチですが、椅子に浅く腰かけてもらって、また肩幅くらいに両足を開いてください。背筋をピンと伸ばし、深呼吸を、それも深く息を吸い込み、ゆっくりと吐きながら、上半身を倒します。頭が両足の間に入るくらい倒してから、3秒ほど静止し、またゆっくりと上半身を起こしていきます。そして今度は椅子に深く腰かけて、思いっきり両手を挙げて万歳し、息を吸いながら上半身を後ろに反らしてください。そのとき息を止めて3秒ほどそのままの姿勢でいます。腰と背中が伸びたのを感じたら、息を吐きながらゆっくりと戻していきましょう。
他にも、椅子に深く腰かけたまま、片足を両手で抱えて、胸にくっつくくらいに持ち上げ、3秒くらい静止して、また元に戻すというのも効果的な腰痛ストレッチだといえます。立ったままの腰痛ストレッチとしては、ラジオ体操の前屈、上体反らしの運動がとても効果があるでしょう。いずれも反動をつけないように気をつけて、ゆっくりとやるのがコツです。

どうでしょう?実は本当のところは、こういう腰痛ストレッチさえ出来ない状況に追い込まれてしまっていることのほうが多いかもしれません。会議でいきなり一人だけストレッチ出来ませんものね。しかし本当に少しの時間でも見つけ出して、または目を盗んで腰痛ストレッチを行なうことで、あとが格段に楽になります。エコノミークラス症候群とかもあるんですから、出来れば、そこにいる皆さんで息抜きがてら行なうことが一番いいと私は思います。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://yotusiru.blog91.fc2.com/tb.php/4-dd81b056
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。